ホームページを多言語化しましょう

ホームページは、インターネット環境さえあれば、全世界どこでも見ることができます。つまり、世界中の人々がお客様になり得ます。もし、自社のサービスが日本以外の人々をターゲットにしている場合は、彼らが理解できるページやアクセス案内のページ制作をお勧めします。
もちろん、ブラウザに翻訳機能がありますので、ある程度は理解されますが、これらは簡易翻訳ですので誤訳の可能性もあります。
事業やサービス、企業情報をきちんとお客様に理解していただくための外国語によるページ制作(多言語サイト)が、非常に増えています。

多言語サイトの作り方

企業によっては、既に日本と外国両方で事業展開している場合もあれば、これから展開する場合もあります。また、対象によっては英語だけでなく現地語が必要な場合もあります。
基本的には、日本語のホームページとほぼ同じ内容、構成のものをそのまま翻訳して制作します。(デザイン変更が少なくて済みます)
そのほか、日本語ホームページの内容を1ページに凝縮して制作する場合もあります。

多言語サイトの制作事例

弊社で制作した多言語サイトの制作事例です。